指導が楽しい。わくわくする。
それは子どもとマンツーマンで関われるから。
誰の邪魔もされず、その子と全身全霊で向き合える隠し事なしの一本勝負。

そこに現れるのは、行動とか発言とかの事象だけではなく、その奥にある空気感、視線、リズム、タイミング、距離感、声のトーン、反応、補助し過ぎない補助、興味を持つ瞬間、待つ、触れた時の受け入れてくれているかの重さなどなど。

五感とそれ以外もフルに使っている感じ。心ではわかっているのに、身体が想いとは異なる行動をしてしまったり。

結果、子どもから弾かれてめちゃくちゃ凹んで反省して。
自分が意図した時のフレームを持ってる感じ。それを取っ払った時の感じ。
その2つを比較してみて、より軽く感じる方を選択出来たり。

40分の指導時間の中に無数に駆け引きがあって。
それはその子を操るとか、こちらが優位に立つとかでなくて。
その子が自ら動き出す。
楽しいから動き出す。
頑張りたいから動き出す。
諦めたくないから動き出す。
色んな自ら動き出すキッカケがあって。

ミリ単位の調整、ミクロ単位かも。
そんな濃密過ぎる時間が、子どもとスタッフの間に生まれています。

もはや感覚の世界なのかもしれませんが、その感覚を楽しみながら子どもと関われる幸せ。

やっぱ個別運動指導はオモロい!!

つっち〜

ルピナスは、
堺市が勧める「さかい子育て応援団」に登録しています。

地域社会全体が子育てを応援する、安心して子どもを生み育てるまちづくりを推進する事業に賛同し、ミルクのお湯提供をさせて頂いています。
もちろん障がいについてもご相談お受けします。