夏の陽気が続きますね!つっち〜です。
法人の上役の紹介で重度心身障がい者施設にお邪魔させて頂きました。

重度の肢体不自由と重度の知的障がいとがある状態を重度心身障がいと呼ぶようです。(間違っていたらすみません…)
医療的ケアが必要な人も多く、看護師や医師との連携も必要不可欠。

重度心身障がいの知識は微々たるものでしたので、施設見学をさせて頂く機会がなかったので、とても有り難かったです。

重度心身障がい者の施設が府内でも少なく、大阪南部からはるばる通っている人も数多くいること。
家での入浴が難しいので、入浴できる施設は利用者の予約でいっぱいなこと。
他の事業所や施設との感染症の情報共有により慎重になること。
看護師、医師がより身近なこと。保護者の高齢化問題など。

地域連携などネットワークを構築しながら勉強会なども開催されていました。

重度心身障がいのある人の生活の一部を覗かせて頂き、より命に直結する生活支援の大切さを感じました。

堺市内には本当にたくさんの障がい者施設がある事を再確認する最近です。多種多様な障がいを知り、子どもの指導時や保護者への情報提供に活かしつつ、自分の見識も広げていきたいと思います。

※自転車でルピナスを利用される方はこのルピナスステッカーを自転車に着用して、マンション指定駐輪スペースに駐輪下さい。

ルピナスは、
堺市が勧める「さかい子育て応援団」に登録しています。

地域社会全体が子育てを応援する、安心して子どもを生み育てるまちづくりを推進する事業に賛同し、ミルクのお湯提供をさせて頂いています。
もちろん障がいについてもご相談お受けします。