今回は枚方SKIPさんにお邪魔させて頂きました。囲碁将棋会館の二階にある事業所で、おっちゃんたちに紛れて、二階に上がりました。
自閉症や発達障がいの子どもを対象に課題学習や生活学習など、視覚支援を活用してその子個々のわかりやすさを大切に関わられていました。
保護者も一緒に来所し、スタッフと相談しながらどんな支援が良いか試行錯誤されていました。
視覚支援は子どもたちに対してだけではなく、事務所内も視覚化が多用されていました。
視覚支援は障がい児教育が一番活用されていると勝手に思い込んでいましたが、実は一般企業が一番進んでいて、活用されているようです。
ポップで綺麗な視覚化は、従業員の作業の効率化に繋がり、備品管理にも簡易に出来るので無駄がなくなるそうです。

子どもとの接し方だけでなく、仕事の効率化についても勉強させて頂きました。
次回はルピナスの見学を企画しています!







ルピナスは、
堺市が勧める「さかい子育て応援団」に登録しています。

地域社会全体が子育てを応援する、安心して子どもを生み育てるまちづくりを推進する事業に賛同し、ミルクのお湯提供をさせて頂いています。
もちろん障がいについてもご相談お受けします。