【繋がり・繋がる・連なる】
ルピナス開所当初、営業回りで色んな所へルピナスの営業に行きました。

開所前からお世話になっていたなないろキッズ様や知人の学校、カフェ、スーパー、相談支援事業所、施設などなど。とりあえず手当たり次第に、営業という名目で気になるお店に入って、お話をして仲良くなって、全然違う内容で盛り上がって帰るなどよくありました。

そのご縁が繋がって、地域の社会資源の発掘につながっています。

ご縁あって近隣の施設や医院とお話させて頂く事があり、話すと共通するのは「地域の連携・地域力」。
その事業の売り上げとの狭間で頑張りつつ、地域ネットワークを作って社会貢献や地域の人が暮らしやすい為に繋がりたいという繋がり。

業種は異なりますが、共通する話が多く「個の在り方について」などでも盛り上がりました。

ルピナスの中だけでなく外とも比べてみた時に、そこが共通している事を知るととても嬉しかったです。

私自身もそうですが、地域に暮らしています。
日常生活を送る地域が今よりも使いやすくなる=今、使いにくいと思っている人の数が減る事だと考えています。

ルピナスでの取り組みを外から異業種の方に見てもらう事の意味は、大きいと考えます。

ご縁の繋がりから、保護者や子どもに出来る事を。生み出す事をやる。
つっち〜

ルピナスは、
堺市が勧める「さかい子育て応援団」に登録しています。

地域社会全体が子育てを応援する、安心して子どもを生み育てるまちづくりを推進する事業に賛同し、ミルクのお湯提供をさせて頂いています。
もちろん障がいについてもご相談お受けします。