【新元号の始まり】
ルピナス唯一の昭和生まれ・つっち〜です。
世は10連休の真っ只中。
令和の始まり・平成の終わりとメディアが騒いでおりますが、日常は同じ感じで流れています。

最近の寒暖差は激しいし、
新年度が始まってやっと慣れてきたと思ったら、この10連休。

新元号になっても生活が変わるわけでもなく。

でも、平成という自分が生きてきた時代を振り返る機会になりました。

私の平成のイメージはイランイラク戦争が始まり、テレビで流れるミサイルの映像を見ながら、幼ながらにウルトラマンや仮面ライダーがこの戦争を終わらせてくれないのか?と。

阪神淡路大震災で、テレビから流れる阪神高速が倒れる映像。
スーパーマンが空から飛んできて、瓦礫を退けたり、火事を消したりしてくれないのか?と。

東日本大震災では、発生から5ヶ月後に東相馬市へ。神戸にある団体の方々と障がいのある子どもがいる御家庭の支援に現地の仮設住宅へ訪問したり。

海岸線沿いで、アルミホイルみたいにグチャグチャになったオモチャみたいな車に、赤いスプレーでバツが書かれていて。
ただ一人で海を眺めているおじさんがいて。
畑は夏なのに、雑草でボーボーになっていて。

ウルトラマンも、仮面ライダーも、
スーパーマンも、
スーパーヒーローは実際にはいなくて。

自分が憧れたヒーローに自分はなれないけど、「大人」と言われる年齢で、この国の大災害を経験した「大人」の私。

「大人」だから、出来る事がある。
「大人」だから、しないといけない事がある。
「子ども」に対して「大人」が出来る事。

全力で遊んで、正面からぶつかられて、全力で愛する事だと私は考えています。

明日から新たな元号になります。
子どもたちが笑って過ごせる時代になる事を、なる為にできる事をやっていきます。

ルピナスは、
堺市が勧める「さかい子育て応援団」に登録しています。

地域社会全体が子育てを応援する、安心して子どもを生み育てるまちづくりを推進する事業に賛同し、ミルクのお湯提供をさせて頂いています。
もちろん障がいについてもご相談お受けします。