【地域のニーズ】
ひょんなご縁からご近所の子育て世代のママさんと、子どもと話す事が出来るようになりました。
今日も出会い、中当てをしてから、ルピナス周辺の課題について、ママさんたちと話をしていました。
「フェニーチェ堺の広場が出来たから、子どもたちが遊ぶ場所が出来た。出来る前はずっと、家の中でした。」
「遊びに行く公園が近くにないから、学校の校庭開放の日か、校区外に行くしかボールを使って走り回れる場所がない。」
なるほど、確かに。
ルピナス周辺は役所などのコンクリートジャングル。その裏側は飲み屋街な風俗街。
子どもが遊べる場所なんてない、大人の街です。
地域の色んな情報を教えてもらい、子どものニーズも本音で言われ、なるほど。

障がいの有無に限らず、子育てとして子どもの遊ぶ場所をちゃんと大人がなんとかしないといけないな。
その中で配慮が必要な子に我々が支援をする。地域の中で生きいく為の、ちょっとした橋渡しが出来れば。

ここにルピナスに出来る事があるはず。

ルピナスは、
堺市が勧める「さかい子育て応援団」に登録しています。

地域社会全体が子育てを応援する、安心して子どもを生み育てるまちづくりを推進する事業に賛同し、ミルクのお湯提供をさせて頂いています。
もちろん障がいについてもご相談お受けします。