【会話・対話】
子どもと保護者を見送ってから、スタッフの振り返りが始まります。

今回の指導はどうだったか?

その子をちゃんと見る事が出来ていたのか?

どんな子なのか?

今日はどんな感じだったのか?

どんなアプローチをして、どんな結果だったのか?

あの場面でなぜ本人を見守ってやれなかったのか?

あの瞬間の、あの視線をなぜ逃したのか?

毎回、スタッフもどんな活動になるか不安と期待でいっぱいです。

毎回の指導時に出来た体験、ドヤ顔を引き出せる事がルピナススタッフのミッションです。

研修でお世話になったチットチャット・スポーツ塾の合言葉「子どもたちに魔法をかけよう」の意味が今になってようやく、わかりかけてきた気がします。

スタッフ同士で会話して、
指導時に子どもと対話して、
保護者とも会話して。

想いをアウトプットしながら、共有・共感から、次に繋げて。

春が来ました。

ルピナスは、
堺市が勧める「さかい子育て応援団」に登録しています。

地域社会全体が子育てを応援する、安心して子どもを生み育てるまちづくりを推進する事業に賛同し、ミルクのお湯提供をさせて頂いています。
もちろん障がいについてもご相談お受けします。