【ダブル合格】
大阪府の常勤・非常勤講師の学校関係者は、この時期は教員採用試験の合格発表が行われるのでヤキモキします。

一般的に知らない方も多いので、少し説明。
公立学校の先生は、正教員、常勤講師、非常勤講師に大きく分けられます。
正教員は年に一度行われる教員採用試験に合格され、公務員として辞令が交付され各学校に所属します。

対して常勤講師、非常勤講師は採用試験に受かっていない人。なので身分は公務員ではありません。
非常勤講師は自分の授業担当が終わると終わりですが、常勤講師は正教員と同じ仕事分量で働いています。
しかし公務員ではないので、社会保障は正教員とは異なります。

私の先輩や同期で大学卒業後、ずっと正教員になるべく、採用試験を受けては残念な結果で落胆している方々を知っています。10年以上試験を受け続けている方もいます。そしてその方の学校現場での働きも私は知っています。子どもに対して真摯な方です。

ルピナスでボランティアをしてくれていたバレーから報告があり、滋賀県と大阪府を受験した結果、ダブル合格したとのこと!

ボランティアに来てくれるタイミングでの報告でスタッフ一同嬉しい限りです

バレーは、今年一年間は専攻科という大学の小クラスに在籍し、身分は学生となりました。
特別支援教育のより専門的な勉強と、教員採用試験の勉強をより集中して取り組める環境に身を置いた事と、そこで色んな方々から勉強を見てもらえた事がとてもありがたかったと話してくれました。

ルピナスにもまたボランティアに来たいと話してくれました

我がの事のように嬉しいです
ここからやね!バレー!
頑張ってやー!!

つっち〜

ルピナスは、
堺市が勧める「さかい子育て応援団」に登録しています。

地域社会全体が子育てを応援する、安心して子どもを生み育てるまちづくりを推進する事業に賛同し、ミルクのお湯提供をさせて頂いています。
もちろん障がいについてもご相談お受けします。