【コロンビアより愛を込めて】
ルピナスにあるハンモック。
これは日本の地球の反対側にあるコロンビアという国からやってきました。

つっち〜が特別支援教諭免許を取得したのは、高校・中学校で講師経験をした後。
ちゃんと特別支援教育の知識を付けて、現場での力をつけようと思い大阪教育大学・特別支援教育 特別専攻科という所に受験し入学しました。
入学条件は教員免許を有している者。
近畿圏内からは内地留学制度という現職の先生が資格取得と勉強の為に来られる方が半分くらい。残りは大学卒業と同時に専攻科に入学してくる若者。講師経験組は私の時は3名だけでした。

24歳の学生になり、現場で出会った子どもたちを思い浮かべながら一年間、体育大学以外の大学で勉強出来た事は、私の価値観に大きな変化を与えてくれました。

その時に大学院にいた私と同い年が2名。その一人が卒業と同時にJICA 青年海外協力隊事務局の隊員に合格し、3年間コロンビアに派遣されました。
コロンビアの特別支援教育現場での指導が仕事。

彼が帰国した際にくれたのが、このハンモックです。

南米コロンビアで実際に使われているもの。
しかし日本社会のどの場面でこのハンモックを使えるのか、もらった時は困っていました。

今、こうして子どもたちに愛されている事がなんだか誇らしくもあり、捨てなくて良かった…とホッとしているのもあり…。

6/1にルピナスは開所3年目を迎えます。
色んな御縁によってココがあります。

ルピナスは、
堺市が勧める「さかい子育て応援団」に登録しています。

地域社会全体が子育てを応援する、安心して子どもを生み育てるまちづくりを推進する事業に賛同し、ミルクのお湯提供をさせて頂いています。
もちろん障がいについてもご相談お受けします。