【エーパイプロセス】
A…アセスメント(事前評価)
P…プログラミング(計画)
I…インプリメンテーション(実施)
E…エバリエーション(評価)
の略。
このサイクルで、支援評価と再計画を行なっています。子どもたちのすごいところは個別支援計画では計り知れない点です。

さて、上記のプロセスは支援計画に限った事ではなく、どんな事にも当てはめられます。
それはスタッフの中でも使います。

【例】
身体の不調が定期的にある。

なぜか?の可能性をたくさん考える。

職場環境という仮説を立てる。

長い時間同じ姿勢になる場所は?

机。

椅子の高さは調整可能。では机は?

台などを使って、作業しやすい高さを探る。

作業時の机の高さが本人にとっては、低い事がわかる。

机は高さ調整ができない為、高さ調整ができる方法を考える。

机の下に安定する木材を置く事を考える。

本人にとって丁度よい高さは2×4の木材の厚さが色々試して判明。

その結果が、写真。

この変化によって、どう変化が起こっていくのか。今後を見守っていきます。


ルピナスは、
堺市が勧める「さかい子育て応援団」に登録しています。

地域社会全体が子育てを応援する、安心して子どもを生み育てるまちづくりを推進する事業に賛同し、ミルクのお湯提供をさせて頂いています。
もちろん障がいについてもご相談お受けします。