【ご報告】
自分の在り方を自問自答しながら、子どもの主体性を大切にと思いつつ、それを忘れてしまい、弾かれ、結果を出せず、猛反省…。
我が子とリュウソウジャーを観ているとレッドがティラミーゴに叫ぶのです。
「俺はお前を信頼しようとしていたのに、支配しようとしていた!ごめん!」
…今の自分に深々と刺さりました。

そんな時に頂いたご報告。

おはようございます
いつもお世話になります

今朝、我が子が珍しく自分でテーマを決めてスピーチメモを書いてたので送らせていただきました。

毎日学校の支援学級でそれぞれ一人でスピーチを発表しています
(我が子はスピーチが苦手なので、事前にメモを用意してそれを読んでます)いつもは母がヒントを与えて書かせているのですが、今朝は「バスケ!」と自分から書き始めました。
「バスケ、勝った」と嬉しそうにブツブツひとり言を言いながら(笑)

いつもいろんな動きを試させて頂けたりたくさん褒めてくださるので、やってみよう!の気持ちが育ち、バスケだけでなくいろんな事に挑戦する気持ちが少しずつ出てくるようになりました。

ルピナスに行くたびに我が子の頑張る姿や家では見れない表情が見ることができてとても嬉しいです。

いつもありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

以上。

あぁ、支配では子どもは動かない。
信頼しないと。
それは子どもだけでなく、人間に対して。

つっち〜

ルピナスは、
堺市が勧める「さかい子育て応援団」に登録しています。

地域社会全体が子育てを応援する、安心して子どもを生み育てるまちづくりを推進する事業に賛同し、ミルクのお湯提供をさせて頂いています。
もちろん障がいについてもご相談お受けします。