【進む方向】
「個育て」を中心に置いて、物事を考えていくと、自ずと必要な事、不要な事が見えてきました。
スタッフともミーティングをして、共有する事、自分の想いを言葉にする事を再確認しました。
どこへ進むにしてもまずはルピナスのスタッフ個々の力をきちんと育んでいく事。それが子どもへの指導の質を高める事になり、スタッフ自身の質を高める事になる。

近くにいるからスタッフ同士だからこそ、きちんと想いをコミュニケーションしていく事が大切なのだと。

ルピナスのミーティングはすごく変です。笑
席も座り方もありません。そんな事はどうでもよくて、聞く事、考える事、言葉にする事が出来れば、それで構いません。
ただ目的とゴールは明確にしています。

まだ始まったばかりですが、個々のスタッフの質の向上、具体的に取り組んでいます。

ルピナスは、
堺市が勧める「さかい子育て応援団」に登録しています。

地域社会全体が子育てを応援する、安心して子どもを生み育てるまちづくりを推進する事業に賛同し、ミルクのお湯提供をさせて頂いています。
もちろん障がいについてもご相談お受けします。