【試技・伸脚後転】
脚を伸ばして後転するから伸脚後転。
では、一連の流れの中でどれだけのポイントがあるのか?
動作を細切れにしながら、自分のボディイメージと結び付けて、実際にやってみる。
すると、やる人も見ている人もその違いに気づく。
そこから感覚の話をして、また実践。

スタッフでその感覚を話す。
自分の感覚を話す事。
違いをどう修正するかを見て、自分でイメージして取り組む事。

やはり奥が深い。

ルピナスは、
堺市が勧める「さかい子育て応援団」に登録しています。

地域社会全体が子育てを応援する、安心して子どもを生み育てるまちづくりを推進する事業に賛同し、ミルクのお湯提供をさせて頂いています。
もちろん障がいについてもご相談お受けします。