【視覚するとは】

先日、チャレンジ・クラブのビジョントレーニングワークショップに参加してきました。

視覚とは【見る】だけでなく【見て理解する】まで含まれている言葉。
研修資料より引用

視覚支援を行うということはその子が理解出来て初めて支援出来ている…
わかりやすい事は大切やけど、その子の理解する力を育てるにはイメージ出来るギリギリの支援を狙う必要があるなぁ…と感じました。

また、ワークを体験した感想としては、
運動支援を行う者として目の使い方は上手な方と思っていましたが、ぶっちー自身まだまだ目の使い方が未熟であること、特に視覚情報からイメージする分野に伸びしろを感じています^ – ^

ペーヤンやよっしーにもワークを伝え、コンディショニングを実践!!

事務作業で固まりがちな目をたくさん動かしていただきました。

朝の時間で短かったため、実感はあまり無い様ですが、継続することによってどのような変化が起きるのか楽しみです。
もちろん先ずは自分自身から!

Challenge-Club NPO法人チャレンジ・クラブ


ルピナスは、
堺市が勧める「さかい子育て応援団」に登録しています。

地域社会全体が子育てを応援する、安心して子どもを生み育てるまちづくりを推進する事業に賛同し、ミルクのお湯提供をさせて頂いています。
もちろん障がいについてもご相談お受けします。