【生活指導】
教員時代に私が担当していた校務分掌の一つに「生活指導」があります。
生徒の生活における指導を行う分掌です。
かなりザックリな説明ですが、いうなれば警察的な役割です。

生徒同士のトラブルや、
学校外で起きた生徒が絡む問題への介入、
生徒に対しての事象に対する指導など。

なので知らん子でも、子ども同士の変なトラブルが目の前で起こると、なんか居ても立っても居られないのです。

別件で外出していて、駐車場からルピナスに戻っている時、ルピナスの横の通路辺りで小学生が10人程度いて、その中の一人が思っ切り片足に体重を乗せて1人の男の子を蹴りました。

ふざけあっているのかと思い、様子を見ているとその後、2発、3発と一方的なエグい蹴り方で蹴り出し、相手の子も反撃していない様子だったので、2,30m離れていましたが、

その場で
「なにしとるんやーーー!!!!!」と大声で行動抑制しました。

全員が私を注目し、蹴ってた子も止まり事情を聞きました。

蹴ってた子「いらん事を何度も言うてくるから…」

つっち〜「それで腹が立ったんか?それで何回も蹴るんか?」

蹴られて子「…大丈夫やで!」

つっち〜「ほな蹴ってええんか?!」

蹴ってた子「…あかん。」

つっち〜「事情は知らんし、どんな事があったんかも見てなかったからわからんけどな、人を蹴るのはあかん!覚えとき!!」

場が静まり返りながら、ルピナスに戻りました。

小学生らはみんな固まって帰っていきました。

私の主観ではあの蹴り方はアカン蹴り方でした。そして、一方的な感じもやり合いではなく、反撃をしない間も、2人の中の関係性を感じました。
ともかく蹴られている子を守る為に、大声で行動抑制をしました。

目の前で蹴られている子を見るのは、胸糞悪いです。

ただかなりの大声だったようで、ルピナスに戻るとスタッフから、

「おがり声が聞こえてましたけど、なんかあったんですか?」

地域の雷親父、めざします。

ルピナスは、
堺市が勧める「さかい子育て応援団」に登録しています。

地域社会全体が子育てを応援する、安心して子どもを生み育てるまちづくりを推進する事業に賛同し、ミルクのお湯提供をさせて頂いています。
もちろん障がいについてもご相談お受けします。