【家族】
ルピナスは保護者送迎の為、子どもの指導中は保護者は保護者席から指導を見守って頂いています。

その際、色々お話しを聞かせて頂く事があります。

子どもの事、
家族の事、
学校の事、
幼稚園の事、
福祉の事、
進路の事、
就労の事、
地域の事などなど。

楽しい話、嬉しい話ばかりではありません。

辛い話、悲しい話、腹立たしい話もあります。

我が子を想う気持ち。
我がの命よりも大切な我が子。
それを軽んじられる行為を他者からされた時、怒るのは親の立場として当たり前だと、子を授かった者として実感します。

お話しを聞かせて頂いて帰られた夜に、Hくんのお母さんからメッセージを頂きました。

メッセージと写真を見て、胸の奥の方から温かいものが込み上げてきました。

ご紹介させて頂きます。↓

息子が2歳頃です。
私のスマホの待ち受け画面です。(笑)

色々と辛い、悲しいこともありますが、息子が生まれて楽しい、うれしい、色々な方々に出会えて楽しい事の方が多いです。😁

子育てに関わらさせて頂いている事の意味を忘れずに。
子どもの命を預かっている事を忘れずに。
そして我が子に対する自分自身の気持ちも大切に。

ルピナスは、
堺市が勧める「さかい子育て応援団」に登録しています。

地域社会全体が子育てを応援する、安心して子どもを生み育てるまちづくりを推進する事業に賛同し、ミルクのお湯提供をさせて頂いています。
もちろん障がいについてもご相談お受けします。