【子どもと大人】
興味深いページを見つけたので引用させて頂きます。

写真とセットで。
「大人は何が存在するかを信じている。
子どもは, 子どもが信じているものに存在する。」

空想、妄想、想像、ごっこ遊び、ままごと、たたかいごっこ。

自分がしてきた遊びなのに、今、大人になり、子どもと向き合う時にそれを「いや、ちゃうよ」と否定していないか?

縄跳びを使わないから、縄跳びでない?
ラケットを使わないから、テニスでない?
子どもが何を使うか、どう使うかは、
どーでもよくて、
何をしたいのか、どんな事を表現してみたいのか。
そこを掴む事が大切。

自分も一緒に遊ぶ事でその視点に戻れる。しょーもない大人の見え方なんか、いらん。

常に子どもから学ぶ事を忘れずに。

ルピナスは、
堺市が勧める「さかい子育て応援団」に登録しています。

地域社会全体が子育てを応援する、安心して子どもを生み育てるまちづくりを推進する事業に賛同し、ミルクのお湯提供をさせて頂いています。
もちろん障がいについてもご相談お受けします。